間違ったスキンケアで肌が炎症を起こし老化をもたらす仕組み

間違ったスキンケアで肌が炎症を起こし老化をもたらす仕組み

正しいと思っていたスキンケアが、実は肌に炎症を起こし老化を早めていることが近年注目されています。

間違ったスキンケアを続けていると、炎症に炎症を重ねて慢性炎症を引き起こし、老化の大きな原因の一つになります。

この記事では、間違ったスキンケアで肌が炎症を起こし老化をもたらす仕組みについて解説しています。

是非、参考にしてみてください。

1.間違ったスキンケア

  • 肌の擦り過ぎによるシミ…一番多い間違い。頬の骨の高い部分を強く擦る人にできやすい。
  • コットンで叩く…パタパタ叩くと、赤ら顔になり、毛細血管が赤く浮き出てくる。
  • ふき取りタイプのクレンジングで擦る…コットンやティッシュの摩擦により、肌の乾燥や湿疹ができる。
  • 肌に合わない化粧品の使用…自分に合わない化粧品を使い続けることで、逆にシミができることがある。
  • 強いマッサージ…最近特に多い小顔マッサージなど強い刺激は、かえってシワやシミを増やすことがある。

心当たりがあるものがあれば、やめましょう。

肌に不必要な刺激は、極力避けることが大切です。

2.慢性的な炎症が肌の老化を早める

上記のような行動を繰り返すことが肌の老化を早める要因となります。

擦る、叩く、引っ張るなどの刺激は、肌へのダメージとなり、炎症が起こります。

毎日のように続けていると、炎症に炎症を重ねて慢性的な炎症を起こすことになります。

その炎症によって活性酸素が発生して、肌の老化を促進します。

少しくらいなら問題ないのですが、当たり前のように毎日繰り返し行うことがいけないのです。

もし、そのような習慣がある方は、気をつけてみてください。

3.まとめ

いかがでしたか?

炎症を慢性化させないことが大切です。

間違ったスキンケアを改善して、健康的な肌を目指してみてください。

顔のたるみについて詳しくはこちら

顔のたるみ

この記事に関する関連記事